癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法
 
戻る
手紙を書く
102.はじめまして
投稿者 : 美b,Minako投稿日:2007/05/21

このメールをごらんの皆様へ

はじめまして、こうゆう場があるのを初めて知りました。皆さん頑張っていますので、私も頑張りたいとおもいます。けっこう、イレッサの副作用も下痢がひどかったけど、TS−1の副作用はまた違いますね。CEAの数字も気にしないようにしていたけれど、上昇するとやはり気になりますよね、とにかく、できるだけ笑っているようにしています。でないと、同じ人生楽しまなきゃと思えるようになりました。今、インターネットや、ワープロで文章をうったり、手芸したり、読書したりしています。やはり、横になるときもあります。でも、自分なりに、なんとか1日1回は、笑えるようになりました。
自己紹介
2年半前肺がんでオペ、リンパにも転移あり摘出。でもそれより3年前にがんになっていたが、見落とし。それで、オペ後1年で足のつけねに骨転移、肺にも転移、放射線治療し、抗がん剤治療し、イレッサを服用。1年経過し、CEAが上昇し、薬を変更しました。それで、現在まだ、TS−1になってかた1週間です。
また、もう少し元気になって、やりたいこと(手作りの店を開きたい)です。 また、なにか情報がありましたら教えてください。(^^)

戻る手紙を書く

当サイトは提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
日比谷内幸町クリニックはこららのページをご覧ください。

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ