癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法
 
戻る
手紙を書く
106.生きて
投稿者 : miho投稿日:2007/07/08

Ryo−koへ

乳癌を宣告されてから早1年と8ヶ月が経とうとしていますね。本当は手術が終わってゆっくりと楽しい事を満喫する予定だったのにね・・・・
今、Ryo-koは又病院のベットの中。あの日から何度病院のベットに縛られてきたことか・・・
家の布団でゆっくり眠ったり、一緒にご飯を何回食べたことか。こっちの方が数えられるのが辛い。
辛い抗がん剤の後すぐに脳転移。退院後再度脳転移。
薬でボロボロになった体を更に追打ちをかける様に骨粗鬆症による腰椎圧迫骨折で2ヶ月近く寝たきりに。ようやく治ったと思いきや再度脳転移。
何が一番辛いだろう・・・
それは替わってあげられない、何もしてあげられない無力さ。掛ける言葉さえ気休めにしか聞こえないだろうと思うと心が張り裂けそうになり、なんとも言い難い自己嫌悪に陥る。
誰が悪い訳じゃない。病気が悪いんだ。そして最近思う。神様はやはりいないのか?いや、生きていられるということは神様に守られているからか?
でも、今はそう思える余裕がない。
ただいつか心の底から本当にそう思える日が来る事を祈って、病気と共に今は闘うしかない・・・
Ryo-ko 絶対死なせないよ。そして一緒に生きていこう。

戻る手紙を書く

当サイトは提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
日比谷内幸町クリニックはこららのページをご覧ください。

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ