癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法
 
戻る
手紙を書く
115.最後まで一緒に居たかった
投稿者 : かずちゃん投稿日:2007/11/04

妻へ

先日離婚届にサインをしました。
私は現在胸腺癌と言う病気で治療をしてます。
長くなるので詳しくは書きませんが
私が原因でしょう。
暴力とかはありませんが精神的にでしょうか・・・
「もう限界・・」と。
私も日ごろ何か喧嘩すると本当に悪い口癖ですね
もう離婚だなとかもう駄目だななど言っていたのを
覚えています。
それが現実になってしまいました。

実は5年前離婚し今回元さやで2度目です。
ですからもう次はありえないでしょう・・・。
たぶんこの先いつまで体が持つかわからないのです。
ですからそれもあるでしょう
いろいろ重なったのですね。

でも私は今回はこれで良かったと思っています。

毎月医療費はすごくかかる。
一度離婚したときから保険は切ってしまった、
妻はパート、内職で毎日大変・・。
いろいろ・・。

私は病気にかこつけて?
なかな動けずじまい・・・。

無理もありませんよね。

ですから私は妻を自由にさせてあげよう・・。
と思い素直にサインをしました。

ただ8歳の娘とも会えなくなるのはとても寂しく
今はこれからどうしようかわからないのが本音です。
やはりかわいくてかわいくて仕方がありません・・。

でも自業自得ですね。

治療をやめればたぶんですが余命は一年前後だと思います。

でもやはり正直死ぬのは怖いです。

でも今はわかりません・・・。

とりあえず頑張ってみます・・・が
一度目の時は病気とも知らずでしたから頑張れました。
しかし今回は体の調子も悪く毎日が辛くなかなか仕事も
出来ず一緒に仕事をしている父親に迷惑をかけています。
正直生きれば生きるほどお金はかかるし迷惑はかける。
こうなると人間一人では生きれないものですね・・・。
情けない・・・。

でも決めなくてはいけない・・。

今はもう少し頑張ってみよう。

そのうち答えは自ずと出ることでしょう。

妻ともそうですが娘と手をつないで寝れない寂しさは
耐え難いですね・・・。

今は実家におりますが実家というのはたまに行くから
良いもので結婚したら毎日いる所ではありませんね。

今までありがとう・・・。

本当はずっとずっと一緒に居たかった。

旅行や温泉・・・家族旅行・・。

退院したら考えてた・・・。

まさか退院の前日に離婚になるとは思わなかった。

現実になるなんて・・。

退院の日

夢なら覚めて欲しかった・・・。

娘と二人体に気をつけて頑張ってね・・。

こんな俺と一緒にいてくれてありがとう・・。

戻る手紙を書く

当サイトは提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
日比谷内幸町クリニックはこららのページをご覧ください。

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ