癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法
 
戻る
手紙を書く
118.まだ死なないで
投稿者 : カムパネルラ投稿日:2007/12/19

お父さんへ

お父さん、後何日がんばれそうですか?医者は、最初に予後1ヶ月から3ヶ月と話していたけど、急に昨日になって来週にも分からないって言ってたっけ。

「黄疸の減黄方法もない。膵臓癌ステージWbから転移し、肝臓癌、癌性腹膜炎、腹水がたまってきている。化学療法も効かない。治療がない。」
って医者は言ってたよ。お父さんに話してある、胃潰瘍って言うのは実は違うんだ。きっとお父さんも察していることでしょうけど。。。

何でこんなことになったのでしょう。2年前に母を癌で亡くしてから、お父さんまでこんなことになるなんて。。。
今まで、家族4人でがんばってきたのにね。正直、辛いし悔しいです。

残された時間はどう過ごしたらいいかな。やっぱり、自宅がいいかい?楽しく朗らかになんて、とてもできそうにないけど。

最後に、まだ結婚もしてなくて、孫の顔を見せられそうになくて残念です。ただ、私たちは大丈夫。もう立派な大人だから。今までありがとうね。お父さんが大好きです。こっちのことは、心配しないで。きっと大丈夫だから。

P.S.
明日になったら、これは全部嘘で、夢から覚めたらお父さんが良くなっていますように。

戻る手紙を書く

当サイトは提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
日比谷内幸町クリニックはこららのページをご覧ください。

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ