癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法
 
戻る
手紙を書く
134.まだまだだよね
投稿者 : パパちゃん投稿日:2009/01/29

ママチャンへ

今どんな感じなのママ?痛いの?苦しいの?
どうして弱ってるの?先月初めまでは元気だったのに
またパパの失敗に文句言ってくださいよ〜怒ってくださいよ
一人でいると涙があふれてきちゃう
ママの前でも泣いちゃう弱いパパになっちゃった。

パパはまだ迷い道にいます
もっと癌を勉強する時間をください、
もっと余裕を持てる時間をください

12月はじめの余命数ヶ月との告知から始まり
この一ヶ月半あなたの血管肉腫が原因の肝臓秘蔵への転移
痛みの元の肋骨についた癌への放射線治療、
抗がん剤をやる予定が体力が持たないとのことでの断念、
3病院を渡り歩いて地元の病院での治療、
パパは自分の気持ちの整理とママちゃんの変わり行く姿と
あなたのつらさを想像すると、涙があふれて止まらなくなります。

はじめの病院で2人泣いた日のこと
、がんセンターで『ご主人、奥さんが危ないです』と言われた時
がんセンターのスタッフの方たちとの心の交流、
地元の病院に来てから弱って行く体の中で、
パパが病室に行くと一生懸命話かけてくれる姿、
聞き取れ難くなっている言葉を返せないとパパをにらむ顔、
病室での2人で祝ったパパの誕生日、この1ヶ月半って長くて
激しくて何か短い日々で何も考えられなかったそんな感じです。
どうしたらいいんだろう〜〜って

だけど、何があっておかしくないと言われている
今だからこそ

あなたを、ママチャンには側にいてもらうよ
パパは最後の最後まであなたを感じていたいから
あなたを幸せにすると誓ったから、
あなたに安らぎと安心を与え続ける。そして希望を

1日でも長く1時間でも長く1秒でも長く1瞬でも長く
この世にいてもらいたいから。
あなたをパパの心すべて、体のすべてで感じ続けるよ

あちらの世界にはいつでも行けるからね

戻る手紙を書く

当サイトは提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
日比谷内幸町クリニックはこららのページをご覧ください。

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ