癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法
 
戻る
手紙を書く
138.あがいてもええかな?
投稿者 : たかし投稿日:2009/08/05

お母さんへ

お母さん。
普段は言えるわけもないけど、俺にとって一番大事な人。
お母さんは1型の糖尿でたくさん苦しんできた。
そこに五年前の乳癌告知。
病院での治療以外に代替医療に取り組んでサプリメントなんかも試して五年。
節目の定期検査CTで問題なく、お祝いでもと考えた矢先、肺癌の転移告知。
俺は動揺しまくったけど、お母さんは笑ったね。
ホンとは辛くて怖いのはわかってます。
俺は、お母さんの癌を治してあげることはできないかもしれないけど、あきらめられません。
俺が、会社員を辞めてスタジオをオープンすると言ったときも応援してくれたね。
でもまだ、オープンも出来てないし今までの恩返しも出来てない。
どう考えても返しきれないけど、少しだけでも返させてくれ、もっと、時間をくれ。
効くかどうかもわからない代替療法をしてみてもらってもいいかな?
また、医者は馬鹿にするかも知れない。
でも、まわりからどんな目で見られてもそれが醜い行為でもお母さんを助けたいです。
お願いだから、まだ俺のそばにいて下さい。

戻る手紙を書く

当サイトは提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
日比谷内幸町クリニックはこららのページをご覧ください。

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ