癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法
 
戻る
手紙を書く
出来ることからやってみて
投稿者 : 泣き虫おばん稿日:2005/05/31

親不孝息子へ
我が家の主人は凄まじい闘病生活を送り、昨年夏に53歳で他界しました。あれから十ヶ月。サラリーマンの姿を見ては涙し、終電後の足音に耳を澄ませ、あきらめらきれずに泣けてきます。

そんな私も、病院では泣かないようにして、納得のいかない説明に写真を借り出し、一人でいくつも病院をめぐりました。深夜ネットで治療法を探したりもしました。
医療技術はどの病院も大差ないのかもしれません。でも、取り組む医者の姿勢はまったく違います。その医者の資質だけでなく環境にもよるのです。いきなりホスピスを勧める事務課、医者の支持どおり薬を出さない看護師…。
いまだに私の中では解決していないことだらけです。でも、写真を持っていったある病院でやっと、医者だと思える医者に会えました。結果は同じ説明でも、内容が違っていました。その医者に会えて、心が決まりました。

癌の度合いもさることながら、今どのような状態なのか、今後どのような症状が出て患者はどんな思い(痛みは?)を味わうのか、よく理解した上でお母様に接してあげてください。
お話では経済的に余裕を感じました。それだけでも、出来る事の幅が広がります。
たとえ小さな事でも。

戻る手紙を書く

当サイトは提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
日比谷内幸町クリニックはこららのページをご覧ください。

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ