癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法
 
戻る
手紙を書く
みなさん頑張りましょう。
投稿者 : SHIGE投稿日:2005/08/02

癌に向き合う全ての方へ
初めてメールします。
42歳の会社員です。家族構成は、妻、子供二人、長男は今年大学受験で長女は高校1年生です。今が結構金銭的にもいろいろたいへんな時期でまだまだ頑張らないといけないのですが・・。
先日、突然胃ガンを告知されました。全滴をすれば大丈夫でしょうと言う医師の言葉に対して覚悟を決めて入院しました。

いよいよ明日手術と言う日、術前検査も済ませた夕方、医師より肝臓に転移があったので、手術をやめて化学療法で対応したいとの説明。
医師に見放され、いよいよだめなのかと、すごく落ち込みました。翌日医師の紹介で全国でも有名ながんセンターへも話を聞きにいきましたが、化学療法が標準の治療法らしく、手術をしても、いたずらに体力を下げるだけとの説明でした。
結局何もせずに3日間の入院で退院することとなり、現在、会社も休み、自宅療養で抗ガン剤を投与中です。私の場合、まだ食事も、軽い運動が出来るので、体にいいことは、全てやって後悔しないようにしようと思っています。

最近、不慮の事故や病気で突然なくなる方々をよく見かけますが、私はまだ完治する可能性だってあるでしょうし、家族との絆を深める時間もあります。なんてありがたい事なのでしょう。
そういうことを大事にしながらこれからも癌と向き合っていきたいと思います。
患者のみなさん、ご家族のみなさん、うまくは言えませんが、最後まであきらめずに頑張っていきましょう。

戻る手紙を書く

当サイトは提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
日比谷内幸町クリニックはこららのページをご覧ください。

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ