癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法
 
戻る
手紙を書く
69.最期までごめんね
投稿者 : あなたの息子投稿日:2006/06/27

おかあちゃんへ

おかあちゃん、最期まで病気のこと言えずにごめんね。おかあちゃんの反応と、これからのおかあちゃんに対する対応が怖くて言えませんでした。ほんとうにごめんなさい。おかあちゃんへの薬の投与も俺が決めた。命を奪うかもしれない、薬の追加投与も俺が頼んだ。苦しさ、痛さこれだけは、避けたかった。幻覚に襲われたのもすべて、俺のせいだよ。誰だかわかるか?とよく俺は聞いたよな。私の息子と言ってくれたおかあちゃん。あなたの息子で本当に本当に幸せでした。これからもずーとおかあちゃんの息子だよ。生まれかえっても俺のおかあちゃんでいてくれよ。本当にごめん。本当にありがとう。

戻る手紙を書く

当サイトは提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
日比谷内幸町クリニックはこららのページをご覧ください。

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ