癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法
 
戻る
手紙を書く
75.出会えてうれしい
投稿者 : ひさこ投稿日:2006/08/09

お父さんへ

お父さん

大腸がん、宣告されて1年、手術もしたし、抗がん剤も試した。
抗がん剤があまりに過酷なので、それで、気功治療に
変えて、経過を見ましたね。

気功の先生も熱心だし、私は、お父さんの顔色もすごくよくなり、生きる希望もよみがえり、、だから、すごく期待してました。

だのに、昨日、医者から、腫瘍マーカーが格段に増加している、、と言われてしまった。

お父さんも、お母さんも、パニックになって、抗がん剤治療をしなくては、と、予約してしまったのは、無理ないよ。。

《俺は、くよくよしているからな》って、

「くよくよするのは当たり前じゃない。当たり前ですよ!!」
って、叫んだら、お父さん、涙ぐんでた。

あの、少し前まで、元気で前向きな人とは思えないくらい、
私が護らなければならない人になっちゃったね。。

いのちはさ、、限りがあるんだね。。

お父さんの治療、、どうしたらいいのか、私たちは、今日、
決めなくてはならない。。気功の先生と、母と相談して、
意思表示をしなくてはならない。。

本当に、わけがわからない。。。

医者を信じられるとは思えない。。

抗がん剤は、治療とは思えない。

もし、私がお父さんの立場なら、死を覚悟して、それで、
代替治療で、残された日々を、質の高い日々を過ごすことに
全力をつくす。。。

だけど、お父さんは、私ではない。

お父さんがこころから安心して、日々を過ごせるよう、
娘としてできる、最善の努力はするよ。。

人間をつくりだした、神とか、そういう存在がいるなら、、
どうぞ、いのちの意味を教えてほしい。

むしろ、むこうの世界へ帰ったほうが、幸せだというのも知っている。。。だけど、このまま彼がむこうへ帰ったら、
まだ心残りがあるよ。。。

私はうめいている。。。

だけど、、父に対しての愛は、変わらないよ。。。
つきあうよ、お父さん、、、どうか、安心して。。

後は、神の御こころのままに。。。

戻る手紙を書く

当サイトは提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
日比谷内幸町クリニックはこららのページをご覧ください。

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ