癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法
 
戻る
手紙を書く
86.今の気持ち
投稿者 : 一人だけの息子投稿日:2007/02/03

おかあへ

肺癌の治療はじめてもう3ヶ月になるんだね。もともと肺にわずらいがあるため摘出はできないと言われ抗がん剤と放射線の治療に必死に耐えてるよね。
良くなると信じて俺も経済的なこと病気のこと一人必死に考えてがんばってるんだよ。
自分にできることはなんでもやるから残りの時間悔いのないように過ごさせてあげたい。本心はもっと苦しむ姿をこの先見る勇気がいまは恐くてないんだよ。いくら人はいつかは死んでしまうとはいえそんなのいやだよ。
だから神様1日でも長くおかあと過ごす時間を長くしてください。少しでも多く笑顔の時間を増やしてあげてください。おかあを苦しませないでお迎えにきてください。いまはそれだけを願ってるよ。お父さんも天国から応援してくれてるよ。
がんばれおかあ!

戻る手紙を書く

当サイトは提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
日比谷内幸町クリニックはこららのページをご覧ください。

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ